ペットに元気がない時

打撲などのケガ、先天性の心臓の病気、ストレスなど精神的に落ち込む、肝臓の病気、ガン、内分泌の病気、慢性腎不全、内部寄生虫、食べ物による中毒によって元気がなくなると考えられます。

見られる症状はさまざまですが単に元気がないだけでなく、何か普段とは違った異変があるかと思います。

食欲がなかったり、熱が出たり、鼻水が出ていることはありませんか?
いつもより、よだれが出る、下痢や体が震えているなどの症状はありませんか?。

また体に一部をしきりとなめる行動や、歩行がおかしい、息遣いが荒いなどの症状から、元気がない原因を推測することが出来きます。

犬だけでなく動物の元気がない時は、あらゆる病気や怪我等に対するサインです。
はっきりとした原因が分からない時は獣医師に見てもらってください。

ペットの犬が吐いた場合、原因として考えられることは、フィラリア症、感染症、内部寄生虫、尿毒症、消化器の病気、急性腎不全、事故による頭部強打、腹部の腫瘍、悪性リンパ腫、腎炎、子宮蓄膿症、糖尿病性ケトアシドーシス、異物を呑みこむ、中毒などが考えられます。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。