犬の目ヤニや涙

犬の目ヤニや涙の原因は結膜炎、乾性角結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、流涙症、チェリーアイ、逆まつげ、全身的疾患、感染症などが考えられます。

目やには、眼球の表面の角膜が傷ついたりして起こります。
炎症やまぶたの内側の結膜に異常がある場合が多いので自分たちで判断することはしないで下さい。


犬の種類も様々ですが、目ヤニや涙の病気にかかり易いペットの犬種は、プードルやコッカースパニエルに多く見られます。

心配のない症状は、目やにが黒っぽく、目のふちに付着している程度であれば大丈夫でしょう。

しかし、黄色で粘液性の膿の様な目やには病気かもしれないです。
目が赤く充血している場合も早めに獣医さんに見てもらうようにしてください。
ペットの涙が止まらない症状は、涙小管が詰まる病気と考えられます。
涙やけしてしまうので、この場合も早めに獣医さんに相談するようにしてください。
ペットの健康は飼い主が管理しなければなりません。
軽く考えずに獣医師に診てもらってください。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。