犬の便の異常

犬の便の異常として考えられることは、胃と腸の病気、下痢、肝臓の病気、すい臓病、感染症、ジステンパー腹部の腫瘍、内部寄生虫、パルボウイルス感染症、レプトスピラ症、犬伝染性肝炎、中毒、過食、精神的ショックなどです。
人間と同じように食物繊維が足りないなどの原因だけではなく、飼い主に何らかの危険信号を送っていることもあります。

食べ物や生活環境でも便秘になりますが、他の原因もあるので、ただの便秘と捉えないようにしてください。

犬は、繊維質の多い食べ物を与え続けると、逆に便がかたくなり、便秘になります。
(サツマイモ、キャベツなど)
神経質な犬は、排便しにくい環境でも便秘になるので、ペットの状態をよく見てあげてください。


家庭でできる便秘の予防方法は、肛門周辺の毛を清潔にしてあげることです。
ブラッシングや、伸びすぎた被毛を適度に切りそろえてあげて下さい。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。