ペットの脱毛

犬の脱毛で考えられる原因は、クッシング症候群、脱毛症、ノミアレルギー、寄生虫による皮膚病、毛包虫症、ホルモン性皮膚炎、精巣の腫瘍、疥癬、白癬、換毛などです。

犬は外で飼っていても、室内で飼っていても、春から夏にかけて脱毛します。
人間も衣替えをするように、犬も気温の上昇により体温の調整をします。
冬毛が抜け落ちるための脱毛なので心配いりません。
新しい毛がはえ、正常な状態になります。


しかし、春から夏以外の脱毛は、季節による脱毛ではない為、なんらかの原因が考えられます。

全身の毛や、一部の毛が異常に抜け落ちるようなら、ホルモン分泌異常、皮膚病、外部寄生虫などが考えられます。

早めに獣医師に診てもらうようにして下さい。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。