犬の熱中症

犬も人間と同じで熱中症になります。

特にブルドッグ、パグの他、シーズー、スパニエル、チャウチャウ、チンなど。
短頭犬種に限らず、犬の汗せんは肉球以外にはなく、はあ、はあと舌をだして息を吐くことで、体温調節をしているので、特に蒸し暑い今年の夏は、気をつけてあげたいです。

暑さに加えてきついのが、太陽光線。
アスファルトの照り返しなどもあり、背の低い犬が受けるダメージは人間以上です。
お散歩は、日中を避け、朝晩の涼しいうちに行いましょう。

また脱水症状にはくれぐれも気をつけましょう。
お水をちゃんと飲んでいるかどうか確認し、飲んでいないようだったら氷を与えるなどして、水分を取らせるようにします。


また、夏の暑いときには、フードを水分を多く含むウェットタイプに変えるというのも1つの手です。

室内飼いの場合には、エアコンをつけたり、扇風機を回すなどして、室内の温度を下げて過ごしやすくしてあげましょう。


ただし、室内が冷えすぎないように温度設定は高めにするのがポイントです。

アルミボードや大理石ボードなど、犬がくつろげるひんやりグッズを用意してあげましょう。
ただし、保冷剤や凍らせたペットボトルを与える際には、間違って犬がかんでしまったりすることもあるので、与える際にタオルを巻くなど、くれぐれも注意するようにしましょう。

最近になって、JALやANAなどの航空会社が暑さなど、温度変化に弱いブルドックやパグなどの「短頭犬種」の国際線・国内線での輸送を取りやめています。


犬が航空機で輸送される際には、客室ではなく貨物室で運ばれるのですが、この貨物室、基本的には温度の設定はほぼ客室と同じ。


けれど、貨物の出し入れの際など、温度が上がりやすいこともあるそうで、「短頭犬種」の死亡事例が相次いだ事を受けて、輸送停止となったそうなのです。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。