ペットのための防災に備えておきたいもの

【飲料水・食料】。

人間と一緒で、食料と水がなければ、動物は生きていけません。
最低でも、1週間分の食料と飲料水、そして常備薬は常日頃から分けて用意しましょう。


【移送用具】。

ケージ、バリケン、キャリングケース、バスケットなど(1匹につき1つ)災害時には、当然ながら自家用車は使えないと思っておいたほうがよいです。
避難のために、公共機関がペットの輸送車を出すケースもあります。
まとめて輸送するために、他の動物と一緒になりますから、ケースなどに入れておいたほうが安心です。
また、気性のあらい犬などは、口輪も用意しましょう。


【名札など】。

行方不明になった時のために、首輪に名札をつけて、ペットの名前とともに飼い主の氏名・連絡先を消えないように記入しましょう。


【救急用品】。

災害時では、ガラスを踏んだり、倒れてきた塀にぶつかったりと、ケガも当然多くなります。
応急措置ができるくらいの救急用品が必要です。


【避難所の確認】。

普段から、お住まいの自治体で、災害時の動物用の預かり所や避難所の場所を聞いておきましょう。
新潟の地震では、獣医さんやボランティアの方によって設置されたそうです。
特に用意されていない場合には、要望を出してもいいかもしれないです。


【ワクチン・予防接種】。

災害時は、なにかと不衛生な環境での生活を強いられますので、普段から、必要なワクチン、予防接種をしましょう。

その他、必要なものがあるとしたら、ペットが喜ぶもの、人形、おもちゃ、自分のにおいがついた布など、精神的に負担をかけないようにしてあげることが大切です。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。