ペットに元気がない時

打撲などのケガ、先天性の心臓の病気、ストレスなど精神的に落ち込む、肝臓の病気、ガン、内分泌の病気、慢性腎不全、内部寄生虫、食べ物による中毒によって元気がなくなると考えられます。
続きを読む

ペットが吐く時

犬は生理現象として、体を正常に保つため散歩の途中などで道路わきの草を食べたりします。
続きを読む

犬の目ヤニや涙

犬の目ヤニや涙の原因は結膜炎、乾性角結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、流涙症、チェリーアイ、逆まつげ、全身的疾患、感染症などが考えられます。
続きを読む

ペットが痒がる時

飼っている犬がしきるに体を痒がる行動は、次の原因が考えられます。
続きを読む

犬の便の異常

犬の便の異常として考えられることは、胃と腸の病気、下痢、肝臓の病気、すい臓病、感染症、ジステンパー腹部の腫瘍、内部寄生虫、パルボウイルス感染症、レプトスピラ症、犬伝染性肝炎、中毒、過食、精神的ショックなどです。
続きを読む

ペットの脱毛

犬の脱毛で考えられる原因は、クッシング症候群、脱毛症、ノミアレルギー、寄生虫による皮膚病、毛包虫症、ホルモン性皮膚炎、精巣の腫瘍、疥癬、白癬、換毛などです。
続きを読む

犬の熱中症

犬も人間と同じで熱中症になります。
続きを読む

ペットのための防災に備えておきたいもの

【飲料水・食料】。

人間と一緒で、食料と水がなければ、動物は生きていけません。
最低でも、1週間分の食料と飲料水、そして常備薬は常日頃から分けて用意しましょう。
続きを読む

ペットの葬儀

ペットが亡くなってしまったら、飼い主はあまりの悲しみで、何もすることが出来なくなります。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。